特定技能ビザの採用について

特定技能ビザとは

特定技能ビザとは、2019年4月から新設される新たな法律です。
簡単に言うと、外国人が単純労働を行えるようになる制度です。

予定されている職種は、下記14職種です。
・介護
・外食業
・宿泊業
・建設業
・ビルクリーニング
・飲食料品製造業
・農業
・素形材産業
・造船・舶用工業
・漁業
・自動車整備業
・産業機械製造業
・電子・電気機器関連産業
・航空業

日本では移民政策を取らないスタンスのため、従来では外国人の単純労働は原則として禁止されておりました。
昨今の人手不足に伴い、日本の経済発展を維持・向上させるため、新たな法律が新設されたのです。

これまでの制度との違い

弊社が手がけている「就労ビザ」や「技能実習」とは大きく異なる制度です。

■就労ビザ
エンジニアや通訳を対象とする「就労ビザ」は、外国人材が持つ専門性を評価されます。
様々な要件がありますが、基本的には大卒者のみが対象で、日本で予定されている業務の内容を、大学で勉強し単位を取得している必要があります。
例)機械設計者としての採用の場合、「機械設計」に関連する単位の取得が必要
また、ライン工などの単純労働は認められておりません。

■技能実習
技能実習制度の本来の目的は「人づくりに貢献する国際協力」の推進です。
つまり、日本の技術を発展途上国に移転し、経済発展に寄与することが目的のため、あくまで「実習」であり「労働」とは異なります。
従って、技能実習制度でも単純労働は認められておりません。

特定技能ビザを取得できる人材とは

外国人材が特定技能ビザを取得するためには、2つの方法があります。
以下のどちらかを満たすことが条件となります。

1つ目は、日本語検定N4を取得し、なおかつ受入業種が設定する技能試験を合格しなければなりません。
例)外食業界への就労を希望する場合、外食に関する知識を問われる試験を合格する。

2つ目は、技能実習生として3年間の実習を終えた人材であることです。
建設業で3年間実習経験がある場合、日本語力および建設に関する知識が十分の見なされ、上記の試験は免除されます。

 

関連記事

ミャンマー技能実習生に関する弊社送り出し機関の取り組みを紹介します。逃亡失踪対策から日本語教育・生活教育まで、ミャンマーの国民性を尊重した弊社独自の取り組みを御覧ください。 外国人技能実習制度とは 外国人技能実習制度とは、発展途[…]

エンジニアの出発
関連記事

視察に備えてミャンマーに関する基本情報をまとめています。首都はヤンゴンではない?ミャンマー人の平均年齢や平均年収は?ミャンマーの治安や宗教は?必要な持ち物や食べ物事情などを紹介しています。 [sitecard subtitle[…]

ミャンマーの地図2
関連記事

外国人材を採用しようと思ったものの、いったいどんな性格でどんな付き合い方をすればよいのか、初めはまったくわかりませんよね。 このページではミャンマー人材の特徴やオススメの付き合い方を解説します。日本人だろうがアメリカ人だろうが、どの国民に[…]

クラスのみんな
関連記事

中国・ベトナムの次の送出し国として、ミャンマーに注目しているという意見を多く頂いております。ミャンマーという国のどこに注目が集まっているのでしょうか?日本への技能実習生の入国人数など、データを見ながら解説していきます。 技能実習生の入[…]

会話クラスの様子
>お問い合わせ

お問い合わせ

ミャンマー政府認定送り出し機関:Rakhita Co.,Ltd.
Mail : info@brilliantknowledge.space
TEL : +95-9968114026
   +95-9456677925
LINE ID : jh8dhv
Address:No.20, 3rd Floor, Zay Gyee Street, Kyimyindaing Township, Yangon

CTR IMG